花粉ナビ

今季の総飛散量予測

今季の花粉総飛散量の予測を都道府県ごとに掲載!過去10年間の平均値との比較もできます。※沖縄を除く

今季の総飛散量の傾向(予測)

総飛散量予測の凡例

グラフの色意味

今季の花粉総飛散量(予測)

過去10年(2007〜2016年)の
花粉総飛散量平均値

※本データは、スギ・ヒノキの花粉を合わせた個数となっています。

花粉総飛散量予測  関東・甲信

栃木県

総飛散個数 [個/cm2]
4780 
7646 
例年比 やや少ない

栃木県の花粉飛散予報

群馬県

総飛散個数 [個/cm2]
3845 
8216 
例年比 少ない

群馬県の花粉飛散予報

埼玉県

総飛散個数 [個/cm2]
5760 
4993 
例年比

埼玉県の花粉飛散予報

茨城県

総飛散個数 [個/cm2]
3631 
9895 
例年比 少ない

茨城県の花粉飛散予報

千葉県

総飛散個数 [個/cm2]
3061 
5463 
例年比 やや少ない

千葉県の花粉飛散予報

東京都

総飛散個数 [個/cm2]
4731 
4022 
例年比

東京都の花粉飛散予報

神奈川県

総飛散個数 [個/cm2]
3304 
4148 
例年比 やや少ない

神奈川県の花粉飛散予報

長野県

総飛散個数 [個/cm2]
3118 
2155
例年比 やや多い

長野県の花粉飛散予報

山梨県

総飛散個数 [個/cm2]
4525 
3092 
例年比 やや多い

山梨県の花粉飛散予報

今季の飛散量の傾向(予測)

■ スギ・ヒノキの花粉総飛散量と気象の関係
スギ・ヒノキの花粉の総飛散量は、前年の夏の気候に影響されます。
前年夏の気温が高いほど雄花の量が多くなり総飛散量も多くなり、前年夏の降水量が少ないほど総飛散量は多くなる傾向にあります。 またこれらに加えて、飛散量の隔年変動の性質も加味して予測値を算出しています。
※飛散量の隔年変動の性質…大量に飛散した年の翌年は飛散量が少なくなりやすく、少量しか飛散しなかった年の翌年は飛散量が多くなりやすい、という性質。

■ 北日本
北海道では、前年の夏は、気温が平年より高く、降水量は平年よりやや少なかったため、総飛散量は例年より少なくなる見込みですが、旭川では例年よりかなり多くなる見込みです。
東北地方では、前年の夏は、気温が平年より高く、降水量は平年よりやや少なかったため、総飛散量は東北北部では例年並みか例年よりやや多め、東北南部では例年並みか例年よりやや少なくなる見込みです。

■ 東日本
前年の夏は、気温は平年よりやや高く、降水量は平年より多かったため、総飛散量は例年並みか例年より多くなる見込みです。

■ 西日本
前年の夏は、気温は平年より高く、降水量は平年より多かったため、総飛散量は例年よりかなり多くなる見込みです。

※このコメントは、独自の予測結果をもとに作成