臨時防災情報(5日5:45発表)

西日本から東日本で大雨に警戒を

前線の活動の活発な状態が続く見込み

今後の降水予想

現在の状況

1時間毎の降水量や今後の天気図を見る

防災コメント

梅雨前線が西日本から東日本に停滞しています。
前線は今日は西日本や東日本の太平洋側にほとんど停滞しますが、明日には太平洋高気圧が強まるため、次第に北上するでしょう。
前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動の活発な状態が続く見込みです。

■大雨・雷・突風
3日(金)からの大雨により熊本県では氾濫している河川があり、西日本や東日本では地盤の緩んでいる所があります。
西日本から東日本では明日にかけて、局地的にを伴った非常に激しい雨激しい雨が降り、大雨となる所があり、特に増水氾濫している河川地盤の緩んでいる所では警戒が必要です。
梅雨前線は8日(水)頃にかけても西日本から東日本に停滞するため、大雨が続くおそれがあります。


▽明日6時までの24時間に予想される雨量(多い所で)
九州南部    200mm
東海地方    150mm
九州北部地方  100mm
四国地方    100mm
近畿地方    100mm
関東甲信地方   80mm

▽明後日6時までの24時間に予想される雨量(多い所で)
東海地方    300〜450mm
九州南部    300〜400mm
九州北部地方  200〜400mm
四国地方    200〜400mm
近畿地方    200〜300mm
関東甲信地方  150〜250mm
中国地方    100〜150mm

河川の増水や氾濫、土砂災害に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒・注意してください。
また、落雷竜巻などの激しい突風に注意してください。
発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

今後の情報に注意してください。

気象予報士:白水

    大雨災害発生の危険度をお知らせ

    大雨災害危険度メール

    防災対策コンテンツ

    防災メール一覧

    いざという時の為に
    避難についても事前に考えましょう

    避難・感染症対策について