しし座流星群

月明りもなく好条件!
1時間に15個以上見える可能性

11月18日(日)午前4時頃が見ごろ

しし座流星群

次は12月14日のふたご座流星群!

    流れ星を見たら報告!

    流星カウンター

    流れ星を見よう

    いつ見える?

    11月5日(月)〜11月25日(日)にかけて見られます。

    観測のピーク
    11月18日(日) 午前4時頃

    ※極大時刻は18日午前8時頃の予想ですが夜明け後のため、空が暗く輻射点が高く上がる午前4時頃をおすすめします。

    どの方向?

    午前4時頃 東の空

    流星は輻射点の方角だけとは限りませんので、夜空全体を見渡してみましょう。

    流れ星はいつ見える?

    流星カレンダー

    輻射点の探し方

    しし座は、午前0時頃に東の空から昇ってきます。

    まず、はてなマーク「?」を裏返した星の並び(ししの大がま)を探してみましょう。
    これはしし座の頭から胸にあたります。

    尻尾の2等星デネボラと結ぶと、しし座の胴体になります。

    しし座

    いくつ見える?

    ピーク時は1時間に15個以上見える可能性があります!

    街の光が届かない所ほど、流星が見やすいでしょう。

    当日の観測条件は?

    条件は良いでしょう!

    未明から夜明けにかけては月明かりの影響がないため、好条件で観測を楽しめそうです。

    持ち物チェック!

    以下のものがあると、さらに楽しむことができるでしょう。

    1. 星座早見盤
    2. 方位磁石
    3. 温かい飲み物
    4. シート(寝そべる時)
    5. 防寒着
    6. 懐中電灯(まぶしくないよう、赤いセロハンを貼ると良い)

    秋の夜は冷えますので、防寒着を持参して出かけましょう!

    今日の誕生星
    「カッパ・セルペンティス」
    星言葉『高い理想への欲望』