花粉ナビ

今季の総飛散量予測

今季の花粉総飛散量の予測を都道府県ごとに掲載!過去10年間の平均値との比較もできます。※沖縄を除く

今季の飛散時期の傾向(予測)

総飛散量予測の凡例

グラフの色意味

今季の花粉総飛散量(予測)

過去10年(2007〜2016年)の
花粉総飛散量平均値

※本データは、スギ・ヒノキの花粉を合わせた個数となっています。

花粉総飛散量予測  関東・甲信

栃木県

総飛散個数 [個/cm2]
6895 
7646 
例年比

栃木県の花粉飛散予報

群馬県

総飛散個数 [個/cm2]
9354 
8216 
例年比

群馬県の花粉飛散予報

埼玉県

総飛散個数 [個/cm2]
3657 
4993 
例年比 やや少ない

埼玉県の花粉飛散予報

茨城県

総飛散個数 [個/cm2]
6451 
9895 
例年比 やや少ない

茨城県の花粉飛散予報

千葉県

総飛散個数 [個/cm2]
6321 
5463 
例年比

千葉県の花粉飛散予報

東京都

総飛散個数 [個/cm2]
4451 
4022 
例年比

東京都の花粉飛散予報

神奈川県

総飛散個数 [個/cm2]
2602 
4148 
例年比 やや少ない

神奈川県の花粉飛散予報

長野県

総飛散個数 [個/cm2]
1651
2155
例年比 やや少ない

長野県の花粉飛散予報

山梨県

総飛散個数 [個/cm2]
3625 
3092 
例年比

山梨県の花粉飛散予報

今季の飛散量の傾向(予測)

■ スギ・ヒノキの花粉総飛散量と気象の関係
スギ・ヒノキの花粉の総飛散量は、前年の夏の気候に影響されます。
前年夏の気温が高いほど雄花の量が多くなり総飛散量も多くなります。 また、前年夏の降水量が少ないほど総飛散量は多くなります。

■ 北日本
北海道では、前年の夏は、気温が平年より高く、降水量は平年よりやや少なかったため、総飛散量は例年より多くなる見込みです。
東北地方では、前年の夏は、気温が平年より高く、降水量は平年より多かったため、総飛散量はおおむね例年よりやや少なくなる見込みですが、山形・福島では降水量が平年より少なかったため、総飛散量は例年より多くなる見込みです。

■ 東日本
前年の夏は、気温は平年よりやや高く、降水量は平年より多かったため、総飛散量は例年並みか例年よりやや少なくなる見込みです。

■ 西日本
前年の夏は、気温は平年よりやや低く、降水量は平年より多かったため、総飛散量はおおむね例年より少なくなる見込みです。

※このコメントは、独自の予測結果をもとに作成