天なびコラム

第8632話

2024年06月15日

崖から飛び込む雛

最近ナショナルジオグラフィックの動画を見て、カオジロガンという鳥の習性を知りました。ちょっと残酷な話になりますが、少しお付き合いいただけますでしょうか。

カオジロガンの繁殖地は北極付近だと知られています。地上の捕食者から雛を守るために親は高い断崖絶壁の上に巣をつくるそうです。崖の上は草などなにもない残酷な環境にもかかわらず、親は子にエサを与える習性がありません。卵が孵化してからわずか数日すると、親は崖の下を飛び降りて、雛が飛び降りるのを待ちます。雛は地上のエサを食べるため、そして生きるために飛び降りなければなりません。しかし殆どの雛は崖から飛び降りながら岩に強打しながら転げ落ちます。生き残る雛もいますが、多くの場合は残酷な結末を迎えます。こうして弱いものは淘汰され強いものだけが生き残ります。

私はこの動画を見て自然と野生の厳しさに衝撃を受けながら感動しました。人間として生まれてきた私はどう生きていくべきか考えました。生まれてきた瞬間にカウントダウンはもう始まりました。カウントダウンのタイマーは次の瞬間に止まるか、10年後に止まるか、50年後に止まるか私にはわかりません。なので明日のことすらわからない今日を、できる限り楽しみたいと思います。今を生きるという言葉が私はとても好きです。今日も生きていること、明日目覚めたらまだ美味しい空気を吸えることに感謝します!

日本でカオジロガンに会えないかもしれないけど、いつかグリーンランドに会いに行きたいと思います!


執筆者:にゃんきー

感想を送る

バックナンバー 一覧