50,000 Downloads!櫻花最前線 App banner

50,000 Downloads!Sakura Navi App banner

桜の開花・満開予想

2024年桜開花予想マップ

開花・満開予想(更新)

スポット名から予想日検索

お花見にベストな週末は?

桜を見ながらキャンプを楽しもう!

キャンプナビ

予報士のコメント

東・西日本は、10月は平年並み、11月は平年より高め、12月〜1月にかけては平年より高めかかなり高めの気温でした。
11月〜1月の気温が高かったため、花芽が目覚める時期が数日〜10日程度遅れた見込みです。
2月は平年よりかなり高め、3月は平年より高めの気温が予想されています。
開花時期は、東日本では平年より早く、西日本では平年並みか平年より早いでしょう。

北日本は、10〜11月は平年よりかなり高め、12月は平年並み、1月は平年よりかなり高めの気温でした。
10月〜11月の気温が高かったため、花芽が目覚める時期が1週間〜10日程度遅れた見込みです。
2月は平年よりかなり高め、3月は平年より高め、4月は平年並みの気温が予想されています。
開花時期は、北海道では平年並みか平年より早く、東北地方では平年より早いか平年よりかなり早いでしょう。

今シーズンは全国的に花芽が目覚める時期が平年より遅くなった見込みですが、花芽が目覚めた後は平年より高めの気温が予想され花芽が順調に生長するため、全国的に平年並みか平年より早い開花となるでしょう。
前回発表と比べ、開花予想日は東北地方・東日本では2〜3日、西日本では1〜2日早くなっています。

3月19日に甲府・岐阜・名古屋・高知で開花がスタートし、続いて東日本・西日本の多くの地点で続々と開花し始める予想となっています。

開花メーターレポート

2月21日時点で、花芽の覚醒が1番遅れている鹿児島の覚醒率は98%で、まもなく花芽の覚醒が完了する見込みです。その他の全地点では既に花芽が目覚めており、生長段階に入っています。

生長率が1番進んでいる地点は甲府の50%で、2番目は岐阜で49%、3番目は水戸と名古屋で48%となっています。2月中旬の高温の影響で生長率の値も一気に伸びています。

    中文版App「櫻花最前線」

    English version App「Sakura Navi」