ペルセウス座流星群

8年ぶりに好条件!
1時間に70個以上見える可能性

8月13日(金)午前3時頃が見ごろ

ペルセウス座流星群

    流れ星を見よう

    いつ見える?

    7月20日(火)〜8月20日(金)にかけて見られます。

    観測のピーク
    8月13日(金) 午前3時頃

    ※極大時刻は13日午前4時頃の予定ですが、夜明けの直前で観測時間が限られるため、午前3時頃の観測がおすすめです。

    どの方向?

    午前3時頃 北東の空

    流星は輻射点の方角だけとは限りませんので、夜空全体を見渡してみましょう。

    流れ星はいつ見える?

    流星カレンダー

    輻射点の探し方

    ペルセウス座は、午後9時ごろ北の空から昇ってきます。

    まずは、北東の空でアルファベットのWの形をしたカシオペヤ座を探してみましょう。
    その右側にある「人」と言う字のように見える星の並びがペルセウス座です。

    ペルセウス座

    いくつ見える?

    ピーク時は1時間に70個以上見える可能性があります!

    街の光が届かない所ほど、流星が見やすいでしょう。

    当日の条件は?

    条件はとても良いでしょう!

    月明かりの影響がなく、好条件で観測することができます。

    持ち物チェック!

    以下のものがあると、さらに楽しむことができるでしょう。

    1. 星座早見盤
    2. 方位磁石
    3. 温かい飲み物
    4. シート(寝そべる時)
    5. 上着
    6. 懐中電灯(まぶしくないよう、赤いセロハンを貼ると良い)

    夜間は気温が下がるので、上着を一枚持って出かけましょう!

    山頂からの観測がおすすめ!

    山の上からの星空観測

    山の上は、街の中に比べて星の瞬きが少なく、上空の雲や街の明かりの影響を受けにくいことから街中よりも星が見やすいです。流星群を見に山に登ってみませんか?

    山の星空指数を要チェック!

    車で行ける!星が綺麗な身近な山

    その他の山の星空指数はこちら

    山の星空指数

    流れ星を見たら報告!

    流星カウンター

    今日の誕生星
    「ラムダ・ムスカエ」
    星言葉『礼儀正しく誠実』