新型コロナウイルスの対策について

現在流行しているコロナウイルスについて、厚生労働省の情報を基に対策情報をまとめました。

コロナウイルスとは?

発熱や上気道症状を引き起こすウイルスです。これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。

詳しくは、厚生労働省「コロナウイルスとはどのようなウイルスですか?」をご覧ください。

厚生労働省 (外部サイト)

感染経路は?

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば 等)と一緒にウイルスが放出され、そのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で触れるとウイルスが付きます。他者が同じ場所に触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

感染注意の場所

人混み、電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

現在の感染状況は?

国外・国内で感染者は増え続けています。

最新の感染者情報については以下でご確認ください。

厚生労働省 (外部サイト)

予防方法は?

手洗い・うがい・咳エチケットの徹底

今回のウイルスを含む一般的な感染症の予防対策の基本です。外出先から帰宅した時は手洗い・うがいを徹底し、人の多い所では咳エチケットを守りましょう。

咳エチケット

なるべく人混みを避ける

人が集まる所はその分感染の可能性が高まるため、なるべく避けましょう。

十分な睡眠をとり、体の免疫力を高める

日頃から十分な睡眠をとり、栄養のある食事を心がけ、体の免疫力が下がらないようにしましょう。

厚労省からのお願い

厚生労働省から皆様にお願いしたいことが公表されています。

これまでに集団感染が確認された場所の共通点は以下です。

換気の悪い密閉空間

多くの人が密集している

近距離(手が届く距離)での会話や発声が行われた

そのため、これら3つの条件が同時に揃う場面や場所を予測し、避ける行動をとってください。

※上記行動でどの程度の感染拡大リスクが減少するかについては、今のところ十分な科学的根拠はありませんが、事前の警戒として対策をとってください。

詳しくは以下をご確認ください。

厚生労働省 (外部サイト)

具合が悪くなったら?

「風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続く」「強いだるさや息苦しさがある」という方は、帰国者・接触者相談センターへ相談しましょう。

ただし、高齢者や妊婦、基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤・抗がん剤等を用いている方は上記が2日以上続く場合に相談をしましょう。

各都道府県の相談センター(外部サイト)

※4月2日時点の情報です。最新情報は以下からご確認ください。

厚生労働省 (外部サイト)

関連コンテンツ